Interview / ITソリューション開発

エンジニアとしての

自分探しで、

いろいろなことに挑戦したい。

ITソリューション開発エンジニア
A.M(2020年キャリア入社)

自分でもつくり、スキルを高めながら、
上流工程に挑戦しています。

私は新卒で入社した独立系のSIerで、エンジニアとしてのキャリアをスタートしました。そこでは求人サイトの開発チームの一人として、CMSを使用したWEBサイトの新機能の追加や保守を担当。約4年間同じ仕事を続けるなかで、エンジニアとしてもっと色々なシステムや開発のプロセスを経験して、自分の可能性を広げたいと思ったことが転職のきっかけです。エンジニアとして、自分がどんなことに向いているのか、それを見つけたくて色々な企業の話を聞きました。NTTデータMSEはIoT・モバイル・車載など、得意としている領域の幅が広く、上流工程だけではなく自分でつくることもできる。ここならエンジニアとして色々なことに挑戦できそうだと思って入社を決めました。

実際、入社して最初に担当したのは、車載の開発プロジェクトに関係しているECサイトの設計でした。車載のソフトウェアのアップデートを、ECサイトからDLできるようにするというものです。私は上司と二人で要件整理から参加し、開発プロセスを検討し、デモ画面を開発していきました。前職の経験が活かせる部分もありましたが、業界や目的が違えば使用する言語やツール、開発プロセスはまったく別のものになります。AWSを使ったり、Dockerの仮想環境で開発をしたり、私にとってはまったく未知の経験で一気に新しいことをやらせてもらっているという感覚でしたね。
試行錯誤して完成させたデモ画面をお客様に納品したときの感触がよかったことも忘れられません。「これ、いいですね」というお客様のお言葉を、上司と一緒に喜びあいました。自分がつくったものが評価されるという、エンジニアとしてのやりがいを改めて感じました。

入社して3ヶ月。
新しいことに次々と挑戦できています。

短期間で様々な経験ができた車載のプロジェクトから離れて、今はネットコンビニのプロジェクトに参加しています。すでに多くの人に使われているサイトですが、プロジェクトは開発チームと運用チームにわかれて、新しい機能の追加や改善を日々行っています。
サイトそのものはエンドユーザー、顧客であるコンビニ、配送を担当する会社、それぞれに向けた様々な機能が必要になります。複数のSIerやベンダーが共同して開発するなかで、NTTデータMSEは顧客向けのシステム開発を担当。開発チームに配属された私が担当しているのは、商品の在庫状況のデータ取得の方法が改善されたことにあわせて、サイトの商品表示をよりリアルタイムに連携させていく機能。すでにテストページでレビューを行っている段階だったこともあり、前のプロジェクトとは違うプロセスを経験することができています。

一緒に仕事をしているメンバーには外部のパートナーさんがいたり、中国の大連でオフショア開発をしていたりと、リーダーをサポートしながら人をまとめていくというのも初めてのこと。今はまだ私自身がやってみたいことの前に、色々な経験をさせてもらっているような感じですね。
文系だった私がエンジニアになったのは、お客様の要望を実現したり、課題を解決したりするためのシステムを、自分の手で開発することができることに惹かれたから。だからこそ、NTTデータMSEで経験できる色々な仕事を通してもっと開発のスキルを身につけ、お客様に提案をしていけるエンジニアになっていきたいと思っています。

Next Interview
他のインタビューを見る

募集職種を見る
TOP