Personnel system
人事制度

Welfare
福利厚生

数字で見る福利厚生

年間休日日数

0

有給休暇

年間付与日数0
平均取得日数0

平均残業時間

0時間

育休・産休復帰率

0%

離職率

0% ※定年退職除く

休暇制度

● 年次有給休暇制度

25日付与

● リフレッシュ休暇制度(チャレンジ休暇制度)

心身のリフレッシュや自己成長、家族とのコミュニケーションづくりなどを行うことによって、新たな意欲を持って会社生活を過ごすことを目的にした制度。勤続年数をベースに節目の年数で休暇取得が可能です。【勤続5年で5日、10年で10日、以降も5年毎に取得可】

● 育児休業制度

育児のために子どもが小学校就学直後の4月末までに通算2年間休業できる制度(分割取得も可)や、育児のために子どもが小学校6年生の3月末までに1日を通じて2時間まで短縮勤務ができる育児勤務制度を設けています。

● ファミリーサポート休暇制度

配偶者出産、家族看護、家族の疾病予防および検診、子どもの学校行事への参加、不妊治療等で年5日休暇取得できる制度。配偶者出産時または家族の看護が必要となった際には、限度日数(年5日)に関わらず、配偶者出産時には年5日、家族の看護が必要となった際には家族の人数に応じて最大年10日の休暇取得が可能です。また休暇につきましては、「時間単位」での取得が可能となります 。

社内公募制度

新規事業分野の立ち上げや重点取り組み事業を強化する際、社内に人材要件を公開し、意欲のあるメンバーを募集する制度です。応募・選考のプロセスに上司が関与しないため、自らの意思で応募することができます。選考は、書類選考、面接選考によって能力・意欲・適性の判断を行います。合格した場合は、原則1ヶ月以内に異動するため、スピーディな自己実現と職場の活性化につながっています。

クラブ・同好会支援

仕事以外での社員同士のコミュニケーション強化、リフレッシュを目的に公認されたクラブ・同好会に対して活動費の補助を行っています。(野球、サッカー、テニス、バスケットボール、ゴルフ 他)

Personnel System
人事制度(キャリアステップ)

一人ひとりの社員が自律的かつ自発的にスキルアップし、能力開発を行うことで技術者としての「価値」を高めていくことができる環境を整えています。OJT(実務教育)を教育の基本とし、並行してOFF-JT(実務外教育)を実施。「スキル評価」、「自己成長目標設定・計画/スキルアップ年間計画」、「スキルアップ実践」という3つの大きな柱で個人のスキルアップやキャリア形成をサポートしています。本人の志向やスキルレベルなどを踏まえて希望による事業部間の異動も可能で、ジョブローテーションによって中長期的なキャリアデザインを実現することができます。

Education and Training System
教育研修制度

グレードや年代別に多様な研修を用意。OJTは個々の経験やスキルにあわせて、配属先の上司と相談し要不要や期間などを定めます。上司がメンバーのスキルアップ年間計画にアドバイスするだけではなく、社内アドバイザーも育成状況を確認する多面的なフォロー体制になっています。また、特定の資格を取得することで支給される資格取得奨励金や、社内・社外の研修費支援による受講費用の会社負担などでもスキルアップを支援しています。

Innovation Time
イノベーションタイム

新しいビジネスのアイデアや最先端の技術、組織の活性化など、
仕事の時間を使って社員が興味のあることに自主的に取り組むことができる制度です。

MORE
TOP
募集職種を見る