Top Message
トップメッセージ

お客様の変革を

デジタルテクノロジーで支える、

真の事業パートナーへ。

代表取締役社長 都築 秀範

大きく変化する社会の中で、
大きく成長するスタートラインに立っている。

近年、データとデジタルテクノロジーを活用することで新しい価値を創造し、ビジネスのあり方や組織そのものを変革していくDX(デジタル・トランスフォーメーション)に、多くの企業が取り組んでいます。
クラウド、AI、IoT、5G、モバイルといった様々なテクノロジーによるサービス開発やビジネスモデルの変革は、これからの企業が競争優位性を確保していくためには必要不可欠なものです。そして同時に、重要な経営課題のひとつにもなります。多くの企業は今、デジタルテクノロジーによる産業構造の転換を推進していける事業パートナーを必要としています。

当社にはそういったニーズに応えていく際に強みとなる、モバイル、オートモーティブ、情報家電といった最先端の分野において培ってきた開発力やノウハウがあります。組込ソフトウェア開発とクラウド・サーバのシステム開発、それぞれの技術を高いレベルであわせ持っているのです。
それらを活かして、自由な着想と多様なデジタルテクノロジーで、お客様の製品やサービス、ビジネスモデルの変革を提案し支えていく「デジタルパートナー」へ。それが大きく変化する社会の中で、当社が目指すこれからの姿です。

テクノロジーを背景にお客様を理解し、
最良を提案していく。

CASEやMaaS(Mobility as a Service)といったオートモーティブの領域をはじめ、Industry4.0に代表されるIoTによるビッグデータの活用、時代やニーズの変化に適応した小売・流通・物流のロボティクス化や5Gを使った遠隔での医療・教育など、当社がデジタルパートナーとして様々なお客様と共創することで、新しいビジネスを生み出すことができる可能性は常に存在しています。
共に変革に挑むお客様が本当の困難に直面したときに、当社を選んでもらう。そのために必要となるのは、お客様自身でも気づけない問題の「真因」を捉え、最良の提案によって変革を支えていくことです。今、組込ソフトウェアの開発はクラウドやサーバのシステム開発と連携し、より複雑かつ大規模なものへと変化しています。

双方の技術を理解して開発全体を俯瞰し、お客様にとっての最良の提案を行う。上流工程に入り込んで共に開発をしていく中で、そういったことが求められてきていますし、そこに応えることが世の中に新しいものを生み出すことにつながっていきます。エンドユーザーを実感できるサービスやプロダクトを担当する機会も多く、一人の技術者としても大きなやりがいを感じることができるはずです。
技術もお客様の課題も複雑化する環境で、そういった仕事に果敢に挑戦していく。当社で働く一人ひとりの社員には、そんな人財になってほしいと期待をしています。

募集職種を見る
TOP